妊娠で悩む人は増加傾向|不妊治療で子供を授かる|まずはタイミング法と葉酸の摂取から

不妊治療で子供を授かる|まずはタイミング法と葉酸の摂取から

ナース

妊娠で悩む人は増加傾向

カウンセリング

出来るだけ早めが好ましい

現代の少子化を加速させるかのように、若いカップルや夫婦間において、不妊症で悩んでいる人が増加しています。不妊症とは、心身を望んでいる心身ともに健康体であるパートナー同士が、数年間性行為を行っているにも関わらず、なかなか妊娠に至ることが出来ない状態のことをいいます。そのため、不妊治療を行うために病院へ通う人は年々増加しています。不妊治療を行うことを決断するのは、出来るだけ若いうちであることが望ましいです。その理由は、不妊ではない通常の場合においても、年を重ねるにつれて妊娠できる確率は低くなっていくからです。さらに若いうちであれば、不妊治療のなかでも軽度で安価な方法で妊娠できる可能性が高くなります。目安としては、避妊具を用いず2年間以上性行為を行っても妊娠に至らない場合は、相談すると良いでしょう。

治療法など

不妊治療にはいくつかの方法があり、軽度で安価な方法から、比較的しっかりした方法で費用が高い方法まで様々です。これらは一般的に、患者の年齢や不妊症の程度で判断されます。たとえば、比較的若い年齢であり、検査の結果自然妊娠が可能であると診断された場合は、一般不妊治療とよばれる一番軽度な方法が選ばれます。ある程度年を重ねて、自然妊娠が困難とされた場合は、体外受精や人工受精が選ばれます。最近では医療が発達してきたので、かかる期間は様々ですが、どの方法によっても高い確率で妊娠が可能になってきました。病院の選び方としては、費用も気になるところだとは思いますが、妊娠という新たな命にかかわることなので、信頼と実績を伴っているところが好ましいです。病院の中には、利益主義で運営しているところも少なからず存在し、高いお金と長い時間だけ取られて結果がでないことも少なくありません。ポイントとしては、不妊治療以外の簡単な相談に親身になって乗ってくれる所や、仮に上手く妊娠した後も、その後のケアやサポートを行ってくれるところなどが挙げられます。病院選び一つしても、早期にかつ確実に妊娠するためには非常に重要だといえます。