妊娠するために|不妊治療で子供を授かる|まずはタイミング法と葉酸の摂取から

不妊治療で子供を授かる|まずはタイミング法と葉酸の摂取から

ナース

妊娠するために

カウンセリング

不妊の定義

不妊の定義は実は明確には決められていません。夫婦生活を定期的に行っていても2年以上妊娠に至らない場合は不妊を疑った方が良いでしょう。不妊症は肉体的に原因があるとは限りません。肉体面で全く原因がなくても妊娠することが出来ないひともいるのです。そもそも動物の中でも人間の妊娠率はとても低いですから、妊娠するのを当たり前と思わないようにしてください。命の誕生は奇跡です。排卵日に受精して着床することによって妊娠成立しますが、妊娠成立しても無事に出産出来るまでに流産してしまったり異常が発生して中絶を余儀なくされるケースもあります。まずは受精することが肝心なので、病院で不妊治療を受けて妊娠するために治療を受けるという選択肢も時には必要です。

年齢と妊娠

女性の場合は特に注意しなければならないのですが、年齢が上がれば上がるほど妊娠の確率は低下します。個人差があるので高齢でも無事に出産する人もいますし、若くても流産してしまう人もいます。35歳を境に卵子が急激に劣化するので、35歳を過ぎて子供が欲しくても出来ない場合は早めに不妊治療を行ったほうが良いでしょう。病院でまずは検査することから始めてください。病院によって不妊治療の進め方が違うのですが、高齢になればタイミング法や誘発剤は飛ばして人工授精から始めるケースもあります。高度な不妊治療になれば金額も上がります。不妊治療にかかる費用は病院により異なりますのでトータル金額を把握してから治療を受けるようにしましょう。