不妊治療で子供を授かる|まずはタイミング法と葉酸の摂取から

看護師

不妊の可能性がある場合

膝を抱える女性

若いから不妊にならないとは限りませんが、年齢が上がるにつれて不妊の可能性が高まるのは事実です。高齢になれば不妊治療を受ける人の割合も増えます。不妊治療は度合いによって治療の方法が異なります。一番最初に始めるのがタイミング法です。妊娠は排卵日に受精しなければなりません。しかし、排卵日は生理周期にもよりますが、一か月程度のうち一日しかないのです。そのタイミングで精子と卵子が結びつかなければ妊娠に至りません。身体に原因がなくてもタイミングが合わなければ妊娠しないので、最初に検査を行って肉体的に異常が見られない場合はタイミング法から始めることが多いでしょう。また、病院によっては葉酸サプリなどの処方も行われます。葉酸は妊娠を促進させる効果が期待されますし、胎児の生育に欠かせない成分であることから、妊娠希望の方や妊婦に幅広く利用されています。ただし処方しない病院もあり、それぞれ治療の進め方が異なりますので、医師と相談しながら行いましょう。

不妊治療には段階があります。一般的は高額な治療費が掛かると思われていますが、実は一般不妊治療に関しては保険が効くこともあるので、安価で行える治療もあるという事を頭に入れておいてください。病院により治療方針が異なりますので、高齢の方の場合は一般不妊治療を飛ばして、最初から高度不妊治療を行うという場合もあります。病院の治療方針に疑問を持つようならば転院して自分に合う病院を探すのも良いかもしれません。一般不妊治療としては、タイミング法、排卵誘発剤、人工授精があります。人工授精は保険が効きませんが、その他の治療は保険対象内になることがあるので確認しておきましょう。高度不妊治療には体外受精や顕微授精があり数十万円かかることもあります。

妊娠で悩む人は増加傾向

カウンセリング

不妊症とは、妊娠を望む健康な男女が、数年間性行為を行っても妊娠に至らないことをいいます。不妊治療の決断をする際は、確実に成功させるために、出来るだけ若いうちであることが望ましいです。不妊治療は、妊娠という新たな命に関わることなので、病院を選ぶ際には信頼と実績を伴っているかをどうかを重視しましょう。

Read

子供を授かるために

医者

適切な夫婦生活を一年続けても妊娠しない場合を不妊症といいます。病院で不妊治療を考えてもいいかもしれません。いろいろな検査をしますので、夫婦で受けましょう。体外授精などの高度不妊治療もあります。夫婦でよく相談しましょう。

Read

妊娠するために

カウンセリング

不妊治療は病院で行うことが出来ます。治療を行えば妊娠の可能性が高まります。年齢が上がれば自然妊娠の可能性も減ってきますし、その逆に妊娠のリスクが高まってきます。子供が欲しくてもなかなか出来ない場合は一度検査をしたほうが良いかもしれません。

Read